TradersTrust:TTCMの口座開設方法と本人確認方法

TradersTrust

海外FX会社のTradersTrust(TTCM)の口座開設方法と本人確認方法、取引についてを記事として解説いたします。TradersTrustは運営歴のとても長い会社で10年以上の実績を持っているので安全です。口座開設は数分程度で終わりますので、それほど長い時間はかかりません。身分証明書と住所確認書類の提出が必須となっています。

TradersTrustの基本情報、会社情報

TradersTrust(トレーダーズトラスト)の運営会社TTCM TRADERS CAPITAL LIMITEDとなり、2009年に創設されました。本社はキプロスとなっており取得の難しいキプロス証券取引委員会(CySEC)で金融ライセンスを取得しているので規制を受けてます。アジアなどほかの拠点は2018年に設立され、バミューダにありますが、金融ライセンスは保有していません。

Operation CompamyTTCM Traders Trust Capital Markets Limited
Found2009
Address3 Thalia Street, Office Number 310-318,
3rd Floor, 3011, Limassol, Cyprus
LicenseCySEC

金融ライセンスの保持

現在TradersTrustの本社であるTTCM Traders Trust Capital Markets Limitedはキプロス証券取引委員会(CySEC)で金融庁のライセンスを取得しています。その一方でアジアやその他の地域を拠点としているTTCM TRADERS CAPITAL LIMITEDはバミューダを拠点としており、金融ライセンスは保有していません。バミューダ支社は世界的な監査法人のPWCやデロイトトーマツにより四半期ごとに通常監査処理を受けています。

分別管理ありで信託保全なし

TradersTrustは分別管理のみです。分別管理がされているため、会社の資金と顧客の資産を必ず分別して管理します。そのため会社が倒産しても顧客の資金が使われてしまうことはありません。必要以上に不安を抱えることがありませんので問題なし。他に時間があればホームページを必要に応じて確認しておきましょう。

口座開設の流れと用意するもの

口座開設の流れと用意するものに関しては以下のようになります。

ステップ1:口座開設、取引口座の作成

口座開設では利用者の個人情報の入力とパスワード設定を行います。所要時間は5分程度で終わりますのでここまではすぐに完了します。最後に取引口座の作成を最後に行って終了です。所要時間は1分程度。

ステップ2:身分証明書、住所証明書の提出

身分証明書、住所証明書の提出が必須となっています。身分証明書に使える書類は有効期限内のものでかつ、顔写真付きであること、さらには公的機関の発行した書類であることが条件となります。所要時間は1日程度で終わります。

身分証明書に使える書類

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • パスポート

住所証明書に使える書類は発行から6ヶ月以内であることが条件となります。さらには住所が個人情報の入力と一致するかどうかを確認いたします。一致しない場合は審査通過できません。

住所証明書に使える書類

  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 公共料金の請求書(電気、水道、ガス、携帯電話)
  • クレジットカードの利用明細書

TradersTrustの口座開設方法

TradersTrustの新規口座開設方法を説明します。下のボタンからフォームへお進みください。開始にあたり各手続きにおいて手数料等は一切かかりません。ボーナス、キャッシュバックやプロモーションも参加できるのでトレーダーにはメリットがたくさんあります。通貨ペア、貴金属、株価指数、エネルギー、CFD、仮想通貨を筆頭にたくさんの銘柄でトレードサービス利用が可能です。

初回のデフォルト設定では日本語が出てきますが、言語は中国語、フランス語、イタリア語、英語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語にも対応しています。好きな言語を選択しましょう。

Source : https://www.traders-trust.com/

「名前」「姓」「電話番号」「メールアドレス」を入力してください。すべて半角英数字で記載をします。電話番号は国番号を選択したうえで数字で入力をしてください。サインアップボタンをクリックすることでメールの認証として、入力されたメールアドレスにメールが届きます。

Source : https://www.traders-trust.com/

メールアドレス認証ボタンをクリックしましょう。TTCMからセキュアエリアにリダイレクトされ、そこでパスワードを設定し、アカウント登録を完了できます。パスワードは、ローマ字と数字を含む8文字以上で設定してください。

Source : https://www.traders-trust.com/

その次はアカウント情報の入力となります。とても長いですが、それぞれ情報を入力しましょう。

Source : https://www.traders-trust.com/

個人情報の入力方法は以下の通り。

タイトル:Mr. Miss Mrsより選択し入力します。

名前:名前を半角英数字で入力。

苗字:苗字を半角英数字で入力。

生年月日:生年月日を入力します。

最終学歴:「高等教育」「学士号」「修士号」「博士号(PhD)」 より選択し入力します。

証拠金取引には、高いレベルのリスクが伴う事を理解していますか?:該当する回答を選択

政府高官(PE)など公的に高い地位を有する人物に該当しますか?:該当する回答を選択

破産申請・破産宣告を受けたことがありますか?:該当する回答を選択

次は連絡先情報の登録です。

国:国を選択します。

国籍:国籍を選択します。

都市:住所のある都市を半角英数字で入力します。

郵便番号:郵便番号を半角英数字で入力します。

住所:市区町村以降の住所を半角英数字で入力します。

追加の住所:追加の住所があれば半角英数字で入力します。

携帯番号:入力されている携帯の電話番号が正しいか確認します。

メールアドレス:入力されているメールアドレスが正しいか確認します。

問い合わせ言語:言語を選択し入力します。

ニュースレターを受け取るか:「はい」または「いいえ」を選択し入力します。

最後は雇用状況の登録です。

雇用状況:「就業者」「自営業者」「無職」「定年退職」「学生」から選択し入力します。

業種:該当する業種を選択し入力します。

職種:該当する業種を選択し入力します。

職種:該当する職種を選択し入力します。

年収:選択肢より選択し入力します。

総資産:選択肢より選択し入力します。

投資資金総額:選択肢より選択し入力します。

資金源:「給料」「年金」「相続」「当座」「取引利益」より選択し入力します。

全ての入力が完了したら、画面下にある「保存」をクリックします。最後に取引経験の登録をします。

Source : https://www.traders-trust.com/

外国為替証拠金取引の経験年数:選択肢より選択し入力。

指数商品取引の経験年数:選択肢より選択し入力。


株式取引の経験年数:選択肢より選択し入力。

商品先物取引の経験年数:選択肢より選択し入力。

口座開設の理由:「投機」または「両建て」より選択し入力します。

取引頻度:選択肢より選択し入力。

全ての入力が完了したら、画面下にある「保存」をクリックします。取引経験の登録が完了したら同意書の提出です。内容を確認し、チェックを入力しましょう。「米国に関係する個人ですか?」の質問は「はい」または「いいえ」を選択し回答します。米国に関係する個人ですか?については以下に該当するかチェックをしましょう。いずれかに該当する場合、口座開設ができません。

  • 米国市民(二重国籍を含む)、米国居住者または米国生まれ
  • 米国の銀行口座を保有する
  • 米国の納税者番号(TIN)を保有する
  • 米国の郵送先住所または居住地住所を保有する

最後に運用口座の選択をします。ウォレット口座の通貨は基本通貨を選びます。タイプはデモかLiveか、口座タイプはクラシック口座、プロ口座、VIP口座から選択しましょう。口座通貨は運用口座における基本通貨を選択します。レバレッジは自由に設定しましょう。高いほうが良いです。

Source : https://www.traders-trust.com/

ライブ口座の中ではロットを高めに入れて知識や経験も豊富な方はVIP口座がおすすめですが、注意として証拠金残高も200万円必要になります。不安であればまずはクラシック口座からやってみましょう。

本人確認書類と住所証明書類の提出

本人確認書類と住所証明書類を提出します。書類の画像データを「ファイルを選択」にて選択します。続いて「書類をアップロード」ボタンをクリックしてください。画像データは、表面と裏面の両面の提出が必要です。本人確認書類を提出したら、住所証明書類を提出します。提出方法は同様。

Source : https://www.traders-trust.com/

審査は1日から数日程度で完了します。取引口座開設の連絡がないときはTraders Trustカスタマーサポートに問い合わせをしましょう。営業日のみ審査されますので土日は休みです。 電話やメール、ライブチャットでの連絡が可能となります。審査が承認したらログイン番号、パスワード、サーバー名が送られてきます。

MT4をTraders Trust公式サイトからダウンロード

最新情報では取引プラットフォームであるMT4ツールはウェブサイト環境からダウンロード、インストールが可能です。操作はまずログインをしましょう。左メニューから取引プラットフォームを選択します。ウェブトレーダーを使う方以外はインストールが必須です。メタトレーダーだけでなく一部ctraderプラットフォームの種別案内もあります。

Source : https://www.traders-trust.com/

自分の好きなトレーディングプラットフォームを下記Windows、Mac、Android、IOSから事前に選択が可能です。無料でインストールができます。Metatraderがおすすめです。

Source : https://www.traders-trust.com/

MT4をダウンロードして起動した後、取引サーバーの選択ウインドウが自動的に表示されます。ログイン番号、パスワード、サーバー名が必須です。これらの入力ができればトレードが可能です。ログイン番号、パスワード、サーバー名は口座開設時にサポートデスクから来たメールに記載されています。

TradersTrust口座開設のよくある質問

最新の口座開設の通常よくある質問一覧をまとめました。お客様利用規約の概要、大きな方針を詳細まで参考に正確に確認しておくことをお勧めします。公式サイトにはボーナスや為替マーケットの簡単な用語集ページ、ポジション計算機、紹介パートナープログラム取扱いガイドもありますので業界でも独自コンテンツが豊富です。

最大何口座まで作れますか?

TradersTrustではウォレット資産口座は1つのみ。3個までの新しい口座を常時作成可能です。4口座以上を作りたい場合はjsupport@ttcm.comまでメールを送信して下さい。バミューダとキプロスに拠点があるため、問合せ返答まで数時間かかる可能性があります。

取引しない場合はどうなりますか?

取引をせず、口座を放置してしまった場合口座が非有効化されます。ウォレット口座は1年以上利用しない場合、取引口座は90日以上利用しない場合に非有効化され制限されます。休眠となるので再度有効化をサポートデスクにアクセスして希望や目的を申請して再有効化今すぐやってもらう必要があります。

口座登録情報に合わせて登録をするのですか?

口座登録情報の個人情報の入力がすべて正として審査が始まります。提出書類情報、銀行名義、クレジットカードの名義人などはすべて入金、出金時に100%照合されます。自身による口座登録情報の個人情報の入力がそもそも間違っている場合は登録ができません。

レバレッジ変更は可能ですか?

マイページから変更が可能です。ログイン後「取引口座」の「選択」をクリックしてメニューを開け「レバレッジ変更」を選べば、レバレッジ変更ができます。30倍/50倍/100倍/200倍/500倍/1,000倍/3,000倍の選択となります。TTCMではダイナミックレバレッジが採用されています。

何歳から口座開設が可能ですか?

18歳以上なら口座開設可能です。米国市民や米国に納税義務がある人は口座開設ができないケースもあります。また無料VPSサービスもやっています。詳細はサポートに聞いてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました