Land-FX:禁止事項とアカウント口座凍結 両建て、スキャルピング、自動売買はOK?

Land-FX

Land-FXでは多数のトレーダーが取引を毎日行っています。しかし禁止事項に違反してしまうと、トレードはできなくなりますので注意しましょう。この記事では禁止事項に関してまとめていますので参考にしてもらえればと思います。

Land-FXにおける禁止事項はあるのか?

Land-FXでは以下の禁止事項があります。トレードで大きな損失を出したくないがゆえに、資金を守りたいがゆえに違反行為をする方がいます。目先の利益を重視して違反する方もいます。提供されているサービスではルールを守る必要があります。ロットを入れてポジション保有する場合において、投資する方はやる前に以下の事項に注意をしてください。

裁定取引

裁定取引は禁止されています。アービトラージの詳細は、価格差を狙って利益が発生する可能がある取引です。アービトラージはほとんどのFXブローカーで禁止事項に指定しています。そのため絶対にやらないほうがいいです。運営の公式サイトでも記載があります。

他のブローカーとの両建て

両建ては他のブローカーと併用している場合で両建ては禁止となります。同一口座内の両建てに関しては認められています。これは利用規約で明記されているので確認しましょう。Land-FXの場合はゼロカットも採用されており、追証なしですが違反をすることでゼロカットも採用されないケースもあります。

サーバーに負荷をかける取引

とても短い時間の間にあまりにもたくさんのトレードをした場合など、サーバーに意図的に負担をかけると、他のユーザーにも迷惑を掛けます。このような行為は禁止となります。遅延レートを狙ったトレードもNGです。自動売買(EA)ツールでポジション保有を大量にして過負荷を与えるトレードに気を付けてください。

ボーナスの悪用

悪用と認められる定義が曖昧で、公式サポートの判断に委ねられている感はありますが、もらう権利がないのに、取得してしまったらペナルティの対象となります。高いボーナスを利用することで大きく稼げる可能性がありますが、多くのリスクがあります。

窓開け狙いのトレード

窓開けとは、月曜日に起こる、価格差です。月曜日の窓開け狙いのトレード内容も禁止されています。経験上、一般的に窓を埋めるような動きが起こるため、これを行うことで高確率で勝てるからです。不正取引となります。

スキャルピング

スキャルピングはOKです。スキャルピングとは、短時間で決済をするトレード手法となります。しかしこれは問題ないです。実際経済指標を狙ったスキャルピングもOKとなっています。使い方としては大量注文が起こるので、証拠金の残高に注意が必要になります。スペックも良いECN口座がおすすめですが相場によって大損します。理由としては極端に大きく動くからです。

自動売買

通常システムトレード(自動売買)も問題ありません。ただし自動売買であまりにも買いや売りの注文数が多い場合は、サーバーに負荷をかけてしまう可能性があり、規約上、禁止行為に相当する可能性があり、危険ですので気を付けてください。最低でも経済指標発表のときはめちゃくちゃ相場が動くのでMTを止めてください。知識がないとかなり損をします。

両建て

現在両建てについては制約があります。なんでもOKではないので注意が必要です。リスク管理のためにも確実に少額で始めることがおすすめです。

同一口座の両建て

同じ口座の中において両建てすることは問題ありません。

異業者間の両建て

Land-FXでは複数のFXブローカーを駆使した両建てを禁止にしております。とはいってもどうやって発覚するのか、疑問符がありますが、禁止にはなっております。

複数口座の両建て

Land-FXでは口座を複数作成することができます。そんななか複数口座を駆使して両建てすることは禁止とされています。

FXトレードで違反をした場合のペナルティ

禁止事項に抵触してしまい、違反をしてしまった場合は以下のようなペナルティがありえます。サポートセンターと交渉をしてみましょう。投資家は自分で口座凍結リセットができず、手続きしてもらう必要があります。基本的に該当するもの、思い当たることがあれば分かり次第に逆に問い合わせをしましょう。明確に回答をもらえるはずです。

アカウント凍結

アカウント凍結とは、Land-FXにそもそもログインすらできなくなる状態を示しています。こうなってしまうと、もうどうにもなりません。サポートセンターと交渉をして、解除してもらうしかないでしょう。

口座凍結

口座凍結は指定した口座のみ凍結されます。この場合は、入出金もできなくなりますので、お金の引き出しができません。サポートセンターと交渉をして、解除してもらうしかないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました