【HFM(旧HotForex):初心者向け】XAUUSDとは? GOLDとの違い

HFM

ほとんどのFX会社では、為替相場だけを取り扱っているわけではありません。HFMでもそれは同様で、為替以外にも、貴金属やエネルギー、仮想通貨なども取り扱いをしています。そのなかで金はとてもお勧めの投資商品と言えます。

XAUUSDとは?

XAUUSDとはゴールドです。しかしUSDという文字があることからもわかる通り、ゴールドの価格をアメリカドルで表示しています。有事の金とも言われている通り、世界情勢が不安定になると、金はとにかく買われやすくなります。不安になると人々は昔から金を買う傾向にあり、それはいまも変わっていません。高いレバレッジをかけて取引することで、少額資金からでも利益を出すことができます。

XAUUSDとGOLDの違い

金はシンボルの表記がFX会社ごとで違います。他の会社ではGOLDと表記することがあります。HFMではXAUUSDと表記がされています。XAUUSDでは1オンスあたりの金がいくらの米ドルで取引されているかを表しています。

XAUUSDの値動きの特徴

ゴールドの値動きは為替相場になれているトレーダーだと大損してしまうケースが多いです。これは以下のような理由があるからです。

流動性が高い

XAUUSDの値動きは流動性が高いことで知られています。為替相場における人気通貨ペアであるUSD/JPYやEUR/USDなどは100pips動くことがそれほど多くはありません。しかしXAUUSDは、1日に1000pips以上の値動きをすることがよくあるため、外国為替よりは値動きが激しい傾向にあります。値動きが大きいと利益も大きくなりますが、損失も大きくなりますので注意です。

リスクオフの局面

XAUUSDはリスクオフの場面で買われてレートが上昇する特徴があります。リスクオフとは投資家がリスクを回避する行動を意味していて、政治不安や経済の急激な変動などで不安が広がっている時に起こる行動です。こんな時に人々が投資するのは金です。景気後退リスクが高まった時などに必ずこの行動が起こります。

アメリカドルと逆相関

XAUUSDはアメリカドルが関与していますから、アメリカの経済が影響しています。アメリカドルが値上がりするとXAUUSDが値下がりし、アメリカドルが値下がりするとXAUUSDが値上がりします。そのため、特にアメリカの経済指標には要注意です。特に政策金利、失業率などはかなり大きなインパクトを与えます。

CFD取引のメリット

CFD取引のメリットとしては以下の点があります。

少額取引が可能

XAUUSDのCFD取引では為替取引と同様で、レバレッジを掛けられますので、少額取引から可能になっていますので安全にトレードができます。為替とは違ってハイレバレッジではないですが、それでもCFDでは少額からできるので大きなメリットです。

売りからエントリー

XAUUSDのCFD取引では買いからだけではなく、売りからも取引を始められます。現物ではどうやっても買いからしか入れませんが売りもできるとなると戦略の幅が広がるでしょう。

24時間取引

XAUUSDは平日は24時間トレードできます。そのため、普段は働いている会社員であっても、フリーターであっても空いている時間を使うことにより、トレードが可能になっているため、忙しい人にもお勧めの投資銘柄です。

CFD取引のデメリット

CFD取引のデメリットとしては以下の点があります。

ロスカットの可能性

ロスカットの可能性があります。CFD取引はそこそこボラティリティも大きいため、あまり耐えてしまうとかなりの大きな損失を出す可能性があります。あまり我慢はし過ぎないようにしないといけません。

スワップポイント

CFD取引では為替相場と同様でスワップポイントがあります。これはスイングトレードとなった場合、必ずスワップポイントが発生することになりますので、この点を加味したうえでスイングトレードをしましょう。デイトレードは関係ありません。

HFMがおすすめ

XAUUSDはHFMでも投資が可能になっています。それだけでなく、株や為替、仮想通貨も取り扱っていますので、とてもおすすめです。口座開設は無料でできますので以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました