【HFM(旧HotForex):初心者向け】原油 UKOILとUSOIL 違い

HFM

HFMではCFD投資も可能になっています。そのなかでもおすすめなのが原油になります。原油はみんなも知っている通りですが生活必需品になっているため、世界的な需要が極めて高い資源。WTI原油とブレント原油はHFMで投資が可能になっています。

USOILとは?

USOILとはアメリカの西テキサス地方で産出される原油です。これはWTI原油と呼ばれることが多く、シンボルとしてはUSOILと表記されることが多いです。この原油はニューヨーク・マーカンタイル取引所で取り扱いされており、取引量が極めて多いことでも知られています。この原油は主にガソリンや軽油に連動して価格が変動する性質を持っています。

UKOILとは?

UKOILとはノルウェーとイギリスの間にあるブレント油田で主に採掘される原油のことです。別名はブレント原油と呼ばれており、ヨーロッパ市場やアジア市場での取引がメインになります。そのためヨーロッパやアジア市場の影響によって値幅が変動しやすい傾向を持っています。

取り扱いFX会社

双方の原油は多数のFX会社で取り扱いをしております。もちろんHFMでも取り扱いをしています。

Leverage
BRENT/
WTI
Loss CutSpread
BRENT/
WTI
Bonus
XMTrading66.7/66.720%0.03/0.03100% Deposit
TitanFX500/50020%0.71/0.69
AXIORY20/2020%0.4/0.5100% Deposit
TradeView10/10100%0.2/0.2
Exness200/2000%18.3/14.0
HFM66/5020%0.07/0.09100% Deposit

原油取引の注意点

原油価格を動かす主な要素を知っておかないと、トレードをしている間に思わぬ大損をしてしまうケースが多くありますので注意です。

政治情勢

原油は一般的に生活必需品であることから政治情勢に大きく影響します。とくに世界の政治情勢がとてもインパクトが大きいです。世界経済の悪化や産油国の政治不安などによって、原油価格が大きく変動する可能性がとても大きいため、普段から世界ニュースには注目です。現在はロシアとウクライナ戦争が注目されていますが、中国による台湾侵略が起こればさらに悪化していくリスクがあります。

USOILとアメリカ経済

USOILは上記でも説明した通り、アメリカの原油ですからアメリカ経済とかなり密接な関係にあり経済指標にかなり揺さぶりをかけられます。さらに一番有名な銘柄ということもあり、USOILの価格が世界中の原油価格の基準とされています。毎週水曜日にアメリカエネルギー情報局が発表している石油在庫統計が要注意です。

USOILとUKOILは連動

USOILとUKOILはチャートの値動きとしてはかなり同じような動きをすることが分かっています。片方が落ちればもう片方も影響を受けます。また相場の傾向としては大きな長期トレンドが継続的に起こる傾向にあるため、レンジブレイクをすると、しばらくトレンドが続きます。トレンドフォロワーにはとても戦いやすい相場と言えるでしょう。逆に言えば抗い続けるとどこまでもやられます。

トレンドが発生しやすい

原油は一方向へのトレンドが出やすい銘柄であり、一度発生したトレンドは長期間継続する傾向にあります。そのため、トレンドフォロワーにはとても戦いやすい相場と言えます。トレードするためには日足くらいの大きな軸で考えてトレードすることがベストです。

ボラティリティが大きい

原油相場は全体的にとても流動性が高いです。すくなくとも為替相場よりはボラティリティが高いため、動きに逆らってしまうと、かなり痛い目に遭うことになりますので気を付けましょう。日によっては為替相場の数倍の動きを見せることがありますので、注意してください。

HFMで口座開設

HFMは無料で口座開設が可能です。原油も取り扱っており、それ以外でも為替、株、仮想通貨も取り扱っており銘柄数は1000を超えています。無料で口座開設が可能ですので、気軽に口座開設が可能です。以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました