【HFM(旧HotForex):初心者向け】注文方式 NDD、STP、ECN

HFM

FX会社で取引をするにあたって注文方式と言うものがあり、気になっている方も多いでしょう。FXブローカーの運営方法には、「ディーリングデスク方式」と、多くが採用している「ノーディーリングデスク方式」とが存在します。ノーディーリングデスク方式を採用していても、その中には「ECN方式」と「STP方式」という2つの発注方式が存在します。

注文方式

HF MarketsではNDD、STP方式を採用している口座で構成されています。口座タイプによる注文方式の差は下記記事を参考にしてください。ここでは注文方式の違いを説明します。

ディーリング・ディスク方式

ディーリング・ディスク方式はDDと略されて表示されることが多いです。仕組みとしては、顧客からの注文をFX会社が内部でいったん処理してからインターバンク市場に注文を出します。FXブローカーは為替レートを内部で決めてスプレッドを固定することができます。つまりトレーダーはスプレッドの狭い状態で取引ができます。デメリットはストップ狩りや約定拒否などの不正を働くことが可能となってしまいます。悪質な会社がDD方式を採用するとやりたい放題になってしまいます。

ノン・ディーリング・ディスク方式

ノン・ディーリング・ディスク方式は顧客からの注文をインターバンク市場に直接流します。恣意的な価格操作ができなくなり、透明性の高いフェアな取引ができます。約定のスピードも早く、約定拒否は発生しません。ほとんどのFX会社ではこの方式を採用しており、HF Marketsもこの方式になっています。DDとNDDの差はFX会社を仲介するかどうかの違いです。そしてNDD方式の場合、STP方式とECN方式に分かれています。

ストレート・スルー・プロセッシング方式

STPと呼ばれることが多いです。ストレート・スルー・プロセッシング方式はNDD方式の一つ。Straight Through Processingの頭文字をとって名付けられた発注方式です。このSTP方式を採用しているFXブローカーの場合、カバー先の金融機関のレートを参照して、レートにスプレッドを上乗せしてトレーダーへ提示します。なので、DD方式よりもスプレッドが広くなりがちです。

エレクトロニック・コミュニケーションズ・ネットワーク方式

エレクトロニック・コミュニケーションズ・ネットワーク方式はElectronic Communications Networkの頭文字をとって名付けられた名称です。ECNと言われております。ECNという私設取引所に直結して為替を取引する発注方法であり、利益分のスプレッドを上乗せしない代わりに、売買時に手数料を取る方法です。これにより、スプレッドは狭くなります。

ECN方式のメリット

ECN方式のメリットは以下のようなものがあります。

約定スピードが速い

ECN方式の最大のメリットは約定速度が上がるということ。ECNはSTPとは違って電子取引によって売り手と買い手の注文が、直接自動的に行われるからです。約定力が低いと、注文が集中した時に約定しないというデメリットが起こり、特にスキャルピングトレーダーには不利です。

スプレッドが狭い

ECN方式のメリットとしてはスプレッドがとても狭いことです。これはトレーダーの注文とインターバンクに出されている注文の価格差が、そのままスプレッドになるからです。一切の介入なしに取引できるECNは短期トレーダーに向いています。

ECN方式のデメリット

ECNにはデメリットもあります。

取引手数料が発生

ECN方式の場合はスプレッドが極めて狭いというメリットがある一方で、取引手数料が発生します。取引を行う都度、手数料金額を計算しなくてはならないため、リスクに感じる方もいるでしょう。

取引数量が高い

ECN方式の場合はどちらかというと、プロトレーダー向きともいえます。取引数量が高いケースが多いため、大きく儲かる可能性がある一方で、大損するリスクもあります。

ボーナスキャンペーンが適用外

ECN方式の場合はボーナスキャンペーンなどの適用外になりやすいです。キャンペーン対象から外される可能性があるので、気をつけてください。

ECN方式とSTP方式の比較

それではECNとSTPにはどのような違いがあるのでしょうか?

スプレッド・取引手数料

スプレッドの狭さ・手数料もECN方式とSTP方式で違います。ECN方式では、スプレッドが狭いことが多いですが、取引手数料がかかることが多いです。STP方式では、スプレッドが広い代わりに手数料が無料です。そのためどちらにも利点があるため、好みによっても分かれてくると思います。

約定拒否

約定力と言う意味ではECN方式は取引量が多い時間帯・大きなlotの注文に向いているのに対し、STP方式は取引量が少ない時間帯・小さなlotの注文において約定力が上がります。そのためこの点においても両者においてはかなり違いがありますので、取引条件によって好みは分かれます。約定拒否は時間帯を間違えるとおこりやすくなります。

板情報の有無

情報量の多さは、ECN方式が良いでしょう。というのも、ECN方式では、STP方式では見れない板情報を手に入れられるからです。板情報の入手をすることにより、取引に対して優位に進められるという点ではECNのほうがおすすめです。

HF Marketsの注文方式

HF Marketsの注文方式はNDD/STPとなっています。全ての口座で注文方式はNDD/STP方式を採用しているため、ECN方式を採用している他社と比べると約定力がやや落ちる方式となります。

ECN方式とSTP方式どちらがいいのか

取ECN方式は取引量が多い時間帯・大ロットの取引において、STP方式よりも約定力が高いです。その一方で、STP方式は取引量が少ない時間帯・小ロットの注文において約定力が高いと言う差があります。また、情報量の多さは明確にECN方式のほうが上。ECN方式では“板情報”が見れるようになっており、これはSTPでは無理です。市場の流動性や注文量のチェック、市場の現在の価格帯において、どれくらい注文が発生しているかがわかるからです。総合的に見るとECNのほうがいいです。

ECN口座はボーナスがない

ECN口座はボーナスがないのがデメリットになりやすいです。どこのFX会社もSTP口座はどちらも適用されるのに対して、ECN口座では口座開設ボーナスしか適用されないことが多く、これはデメリットになります。ECN口座では”完全自己資本”での勝負になることが多いため熟練トレーダー向けと言っていいでしょう。

自らのトレードに適した方法

どちらを選ぶかは自らのトレードに適した方法に沿って選択するべきでしょう。透明性から言えばECN方式のほうが高いですが、手数料とスプレッドの関係からSTP方式が取引に有利になる場合もあります。ここにさらに取引時間帯も関係してくるからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました