FBS:FXレバレッジルールと最大レバレッジ ゼロカットとロスカット制限と規制 変更方法解説

FBS

FBSでは最大レバレッジが3000倍となっており、世界のFXブローカーの中でも最大級のハイレバレッジトレードが可能となっています。しかしこのレバレッジには一定のルールがあり、制約もありますので、気を付けないと3000倍でトレードすることはできませんので注意しましょう。

口座タイプ別の最大レバレッジ

FBSでは口座タイプごとに最大レバレッジが決まっているため、注意をしましょう。そもそも3000倍のレバレッジが使えるのはスタンダード口座だけですので注意してください。通貨の取引量、ロットを高い水準へ上げていくとリスクも高まるので注意しましょう。

Standard3000
Cent1000
Pro2000

レバレッジ制限

FBSでは以下のケースに当てはまると、一般的にいくらかレバレッジ規制がされてしまいますので注意が必要となります。公式サイトでも記載がありますのでサービス利用の前に影響の確認をしましょう。レバレッジ制限はxmtrading、exness、fxgt、axiory、titanfx、iforexなど他社でも採用されています。

入金ボーナス利用時

FBSでは入金ボーナス利用時にレバレッジが最大で500倍まで制限されます。最大レバレッジ3000倍と入金ボーナスの併用はできません。

政治経済イベント

重大な経済指標、例えば政策金利や失業率のときは市場が大きく揺れます。このときは一時的にレバレッジは制限されます。これ以外にも政治イベントが起こった際は同様にレバレッジが大きく制限されます。

口座残高

FBSでは口座残高の金額によってレバレッジが制限されます。口座残高が200ドルを超えた場合は、最大レバレッジ3000倍を維持することはできません。このハイレバレッジはあくまで少額取引と言う状況でしか機能しません。

BalanceMax Leverage
0 – 200$3000
200 – 2000$2000
2000 – 5000$1000
5000 – 30000$500
30000$ – 200

取引商品

FBSでは運営により取引商品によって最大レバレッジが制限されています。実際最大レバレッジ3000倍を活かせるのは通貨ペア。それ以外の投資商品は圧倒的にレバレッジが抑えられてしまっているので注意してください。銘柄別計算でみると仮想通貨の制限が最も大きいです。エネルギーが200倍、株式は100倍となっています。貴金属は333倍、株価指数は100倍です。現在通貨ペアが最も大きく3000倍で魅力です。一般的に注文で大きな損失を抱えるとロスカットされます。

Forex3000
Metal333
Energy200
Indice100
Stocks100
Crypto5

レバレッジ確認方法

マイページにログインし、確認したい口座の「口座設定」から確認できます。取引ツールでは確認できませんので注意してください。最新のレバレッジ、取引サイズを個人で確認できます。

レバレッジの変更方法

マイページにログインし、変更したい口座の「レバレッジ」を変更することでレバレッジの変更送信が可能です。但し口座タイプやコンテンツ(銘柄)ごとに上限が決まっていますので、使い方に気を付けてください。

保有ポジション数

保有ポジション数ではレバレッジ制限はかかりません。また、証拠金の大きさなどにも左右されませんので含み損を抱えたとしてもレバレッジ制限はかかりません。FBSでは最大200ポジションの保有が可能です。

ロスカット基準

以下がFBSの各口座タイプのマージンコールレベル・ロスカットの適用水準です。ロスカットとは、強制的に決済される仕組みです。証拠金のうち以下の割合になると強制的に決済されます。マージンコールとは、警告のようなもので、リスクはありませんが、ロスカットが近くなっているという合図になります。

Margin CallLoss Cut
Standard40%20%
Cent40%20%
Pro40%20%

マージンコールとは?

マージンコールは含み損が大きく増えた状態になっていくことでおこる警告となります。この警告が起こった時点でトレーダーは何か制約を受けるわけではありません。しかしロスカットが近づいていることを意味しますので、損切りするのか、それとも資金を追加するのかを決断するタイミングとなります。

ロスカットとは?

ロスカットとは、強制決済を意味します。これは証拠金に対して特定の割合になると、強制決済を行うことで、全額欠損を防ぐための処置になります。トレーダーはこれを防ぐことはできず、受け入れるしかありません。そのためこうなる前にトレーダーは損切りをするか資金を追加しなければなりません。

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットとは入金額を超えるマイナスが発生した場合のその超えた金額分をFBSが補填する緊急時の措置です。これは何を指すかと言えば、トレーダーが借金をする可能性は一切ないことを意味します。ゼロカットが発動するためには証拠金がマイナスになっていることが条件となります。

ゼロカット発動順序

ゼロカット発動順序としてはマージンコール⇒ロスカット⇒ゼロカットとなります。トレーダーはまずロスカットを防ぐために対処をすることが一番大事です。損切りをするのか資金を入れるのかは相場との相談になるでしょう。あまりにも厳しい逆行が続いているのであれば損切り、反転しそうであれば資金追加とするのが無難です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました