easyMarkets:FXの禁止事項とペナルティ 両建ては可能? 安全性徹底解説

easyMarkets

easyMarketsでは日々、世界中のトレーダーが取引をしている有名なFXブローカーとなります。トレーダーは実際に利用するにあたって、利用規約を守る必要があります。これに違反してしまうと、何らかのペナルティを課されてしまうリスクがありますので、注意しましょう。

easyMarketsの特徴と機能について

easyMarketsは2001年に設立されてから、たくさんの機能がついております。証明書(運転免許証、パスポート)アップロードで書類提出完了で有効化すればすぐにトレードが可能です。追加口座の作成もできます。金融ライセンスも取得しており、規制を受けているため信頼性もあります。gemforex、ironfx、bigboss、exness、axiory、xm、fbsなどと比べても全体的にサービスが充実しています。

最大レバレッジ

最大レバレッジは400倍にもなり、かなりのリスクの高いトレードも可能です。さらに公式サイトでも紹介されていますがVIPサービスもありトレーダーは手厚いカスタマーサポートのサービスを受けられます。サポートはチャットやメールなどで連絡可能です。dealcancellationやeasytradeなどの独自機能も提供されています。

豊富な口座タイプ

スタンダード口座やプレミアム口座など、様々なタイプがありpips、スプレッドも狭いものから広いもの、固定から変動まであります。また、プラットフォームもMT4やMT5が利用可能でインジケーターやチャート分析も可能です。またデモ口座や法人口座もあります。通貨ペア、ゴールドやシルバーなどのトレードも可能です。スリッページや約定拒否は起こりません。

ロスカットとゼロカット

損失が出れば、ロスカット制限が適用されます。そして残高がマイナスとなった場合、追証なしでゼロカットシステムが適用されます。リスクを抑えられます。金融商品もとても多く、自動売買も可能で、スキャルピング、両建てもできるのがメリットです。ロットもたくさん入れられますし、ポジション保有もたくさんできます。日を跨ぐとスワップポイントが発生します。

入出金方法が豊富

入出金方法が豊富です。銀行振込、sticpay、クレジットカード、ビットコインなどもあります。ボーナスやキャンペーン、さらにはキャッシュバックやポイントも開催されており、かなりプロモーションが多く、クッション機能があるため、ボーナスだけで証拠金としてトレードが可能です。

サポートが充実している

投資家はアカウントなどログインに関してや、プロフィール、マイページの操作、投資の質問、口座開設時の書類提出、税務、納税について、パスワード設定、デモ口座についてなど許容範囲でサポートが目的や条件に応じて問い合わせ可能です。一部ではVIPサービスなどで確認も可能です。公式サイトには詳細のガイドもあります。

禁止事項

easyMarketsではどんな手を使ってもいいわけではありません。そのため公式でも発表されているように禁止事項はありますので以下のような行為は行わないようにしてください。注意点として、完全な知識なく行うと、口座凍結のデメリットがあります。とくに自動売買ツール、EAを使いトレード維持している人は注意しましょう。知らぬ間に各禁止トレードをしてしまい、チェックされアカウント停止処分になる可能性があります。こうなると送金もできなくなります。

アービトラージ

easyMarketsでは、両建てを禁止していません。しかしアービトラージは禁止しています。アービトラージはeasyMarketsでは取引サービスを悪用する行為とみなしており、発覚した場合は何らかの罰則、もしくはアカウント凍結などの可能性があります。

サーバーに負荷を与えるトレード

サーバーに負荷を与えるトレードはNGです。同じサーバーでトレードをしているトレーダーはたくさんいます。たとえば、とても短い時間の間に膨大なトレード回数を重ねると、必然的にサーバーに大きな負荷を与えることになります。これは禁止事項となります。

他ユーザーのアカウント乗っ取り

他のユーザーのアカウントを乗っ取り、資金を盗んでしまったりする行為は犯罪になります。そのためこのような行為を行ったユーザーは間違いなく口座凍結の処分となるでしょう。いまのFXブローカーはセキュリティ対策もしっかりしていますが、この手の事件は良く起こります。

複数口座保有

easyMarketsの複数の対象口座を同時に保有することができません。1人につき必ず1口座までで新規追加の口座開設手続きをすることはできません。

コピートレード

easyMarketsではコピートレードは認めていません。コピートレードとは熟練トレーダーのエントリー、決済をそのまま真似る手法です。easyMarketsではあくまで自動売買か、自力での裁量トレードしかできません。カテゴリー、商品によりますが、安定したハイレバレッジでチャンスがたくさんあります。

窓開けを狙ったトレード

毎週月曜日の窓空けを狙ったトレードは禁止です。窓開け・窓埋めトレードをすることはできません。自身の経験からすると利益が出やすいですが、運営に目を付けられやすくリスクが大きいです。

指標のみを狙ったトレード

easyMarketsでは大きな経済指標の発表タイミングを狙ったトレードを禁止にしています。指標発表時のみを狙ってトレードをする行為は禁止ですので止めておきましょう。

両建てはOK

easyMarketsでは、両建てを禁止していません。両建てができるため、トレーダーは取引戦略の幅を広く持つことができます。両建てとは、同じ通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に持つことをいいます。同時に持つことで、値動きがどちらの方向に動いたとしてもプラスマイナスゼロになるという仕組みです。一般的には損切りは早くして、もう片方の利益が出ている方を長く持つことになります。

スキャルピングもOK

easyMarketsではスキャルピングもOkとしています。スキャルピングとは、エントリーしてから決済するまでの時間が数秒程度になるトレードで、トレーダーは通常、短期集中をして最短で利益を獲得する運用を行います。スキャルピングは禁止しているFXブローカーもとても多くあるのですが、easyMarketsではOKなので、堂々と起こってもOKです。長期トレードで高額のポジション保有しすぎるとマージンコールが発動しますので注意しましょう。

自動売買はOK

自動売買は許可されています。自動売買とは、その名の通りで、人がエントリーするわけではなく、AI任せのトレードになります。しかし自動売買には全く思考は働いていませんので、大損して全額失う人がとても多いので、推奨はできません。内容はOKでも相場で商品を際限なく買い、売りを始めたりするとサーバーに負荷を掛けますので注意しましょう。自身で設定し、余計なトレードは回避しましょう。

違反した場合と解決策

上記の禁止事項に違反した場合は、口座凍結がありえます。口座凍結をされてしまうと入出金ができなくなります。この場合はユーザーでできることはもうありません。代わりにサポートセンターと交渉をする必要があります。解除できるかどうかは交渉次第です。解除ができない場合は既存口座からの引き出しもできませんので、あきらめて他のブローカーを使用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました